矯正歯科

歯科矯正とは

歯科矯正とは、一般的には悪い歯並びをきれいに治す治療のことをいいます。

しかしながら、ただ、歯並びの美容的な改善をするだけではなく、発音障害を改善すること、前歯で食べ物をしっかりとかみ切ることや奥歯で食べ物を噛み砕く こと、全身とかみ合わせのバランスを調整すること、歯のガタツキをなくすことにより歯の清掃性を良くして、歯の寿命を延ばすという予防的な効果も持ち合わせております。

さらに、成長期のお子さまには、顎、顔の適切な成長発育を促す効果もあります。矯正治療とは、数多くの治療効果をもちあわせる歯科治療の一分野です。

 

矯正が必要な場合

叢生・乱ぐい歯・八重歯

顎に歯が並びきることができず、歯が歯列から飛び出してしまったり、重なり合っている状態のことです。八重歯などもその症状の一つです。歯ブラシが届きにくいため、歯周病や虫歯などの原因になることも多いので早期に改善する必要があります。
治療法としては、歯列を広げたり、必要であれば抜歯をして歯が並ぶことが出来るだけのスペースを確保した上で矯正を行います。

上顎前突(出っ歯)

上顎が下顎よりも前方に出ている状態のことで、出っ歯とも言われます。唇が閉じにくいため歯肉が乾燥するので、歯周病の原因になることがあります。
治療法としては、一般的に上顎の奥歯を抜いて前歯を後ろに移動するスペースを確保します。

下顎前突(受け口)

下顎が上顎よりも前方に出ている状態のことで、受け口とも言われます。前歯でうまく食べ物を噛むことができず、消化不良の原因となります。
治療法としては、下顎の奥歯を抜歯したり、矯正で歯の角度を戻したりします。

開咬(オープンバイト)

前歯が噛み合わない状態の状態のことを開咬(かいこう)といいます。奥歯は噛んでいても、前歯付近は噛みあわず隙間が空いている状態です。
前歯で食べ物を噛み切ることができなかったり、奥歯に過剰な負担がかかったり、話すときにも息がもれて正しく発音しにくいことがあります。
開咬を治療するためには一般的に矯正を行いますが、抜歯をしなければならない場合もあります。

 

矯正例

症例1 開咬(オープンバイト)(14歳男性)

矯正治療だけでover bite-7mmを+1.5mmに改善した開咬症例である。 この患者を補綴で治療するとなるとフルマウスのメタルボンドが考えら れるが、各歯が異常に歯冠の長いものとなり不可である。また矯正治療 で犬歯を誘導させるのは,ブラケットの高さを調節すれば比較的簡単で ある。この症例はタフツ大学のDr.キムのマルチループワイヤー(MEAW) 法を用いた。

 

症例2 骨格性の下顎前突(20歳男性)

いわゆる骨格性の下顎前突で、3~4年前までは手術の適応症例であっ たが、最近では手術しなくても矯正治療だけでもかなりきれいに治せる ようになった。乱杭歯(叢生)・開咬・下顎前突が正中を含めて是正さ れている。この症例もタフツ大学のDr.キムのマルチループワイヤー (MEAW)法によって治療した。側貌も改善されている。

症例3 上顎前突(アングルⅡ級2類)(13歳女性)

Dr.ヒルジャーのペンデュラム アプライアンスを用い、上顎6、7番 が遠心移動されている。これにより乱杭歯(叢生)の患者の4番の便宜 抜去をしないですむ症例も場合によってはあり得る。またこの装置は上 顎7番の欠如の場合、遊離端義歯や遊離端ブリッジやインプラントが補 綴として考えられるが、6番を遠心に移動して中間のブリッジにするこ とができるので選択の幅が広がった。この装置は年齢に関係なく4ヵ月 で片側(4~8mm)遠心移動ができる。

 

 

症例4 上顎前突(アングルⅡ級1類)(11歳女性)

症例4、5はOver jet 15mmの出っ歯(上顎前突)を治療したものであ る。どちらも上下左右の4番を抜歯して、同様な治療方法でほぼ同じ治 療期間がかかっている。しかし側貌の改善に著しい違いがある。ではこ の違いはなぜ起こったのだろうか。それは治療開始時期が違うことにあ る。すなわち症例4では下顎の成長を治療のいわば『フォロー(追い風)』 にしているからで、それに対し症例5では年齢的に下顎の成長がまった くない。横顔の美しさはその患者の一生を左右してしまうこともあり、 治療開始時期によって治療結果に差が出ることを強く強く認識してもら いたい。

症例5 上顎前突(叢生を伴うアングルⅡ級1類)(18歳女性)

症例4、5はOver jet 15mmの出っ歯(上顎前突)を治療したものであ る。どちらも上下左右の4番を抜歯して、同様な治療方法でほぼ同じ治 療期間がかかっている。しかし側貌の改善に著しい違いがある。ではこ の違いはなぜ起こったのだろうか。それは治療開始時期が違うことにあ る。すなわち症例4では下顎の成長を治療のいわば『フォロー(追い風)』 にしているからで、それに対し症例5では年齢的に下顎の成長がまった くない。横顔の美しさはその患者の一生を左右してしまうこともあり、 治療開始時期によって治療結果に差が出ることを強く強く認識してもら いたい。 

 

症例6 叢生(20歳女性)